BLOG

アグリイノベーション大学校の講義資料

アグリイノベーション大学校にて農業経営の講義をしました!

先週の4/4(日)には、アグリイノベーション大学校という農業スクールにて、田島蓮園代表の田島寛也が講師として農業経営について60分ほど講義をする機会をいただきました。今回は、オンラインで関東校・関西校の120人を超える生徒さんにお話しました!

アグリイノベーション大学校とは、仕事を続けながら週末だけで農業を学びたい方のための、社会人向け農業スクールです。体験農園なども展開する「株式会社マイファーム」さんが運営していて、全国各地で卒業生さんが活躍しています。

実は、田島蓮園で研修生として一緒に働いている「れんこん太郎」こと宇佐美孝さんも、アグリイノベーション大学校で学んでいた卒業生の一人。そのご縁もあって、このような講義の機会をいただくことになりました。

講義のテーマは「露地単一品目での農業経営」

アグリイノベーション大学校での講義
※オンライン講義なので、右上に映っています!

さて、肝心の講義の内容は、ズバリ「露地単一品目での農業経営について」です。

一口に農業と言っても、作る野菜も栽培方法も様々なスタイルがありますが、田島蓮園では露地(ハウスなどを使わない)で蓮根をメインに栽培しているので、露地単一品目の農業になります。今回の講義は、これから農業に携わりたい!と思っているアグリイノベーション大学校の生徒さんに、様々な農業のカタチを紹介するのが目的。なので、田島蓮園での「蓮」メインの農業経営についてお話しました。他にも露地で多品目の野菜を栽培している農家さんやハウスで施設栽培している農家さんなど、様々な形の農業についていろいろな立場から講義が続きました。

講義では、最初に単一品目での農業経営についてざっと概要をお伝えしました。田島蓮園のように、「蓮」に特化して農業経営をすることのメリットやデメリットをご紹介し、地域の人や組織とどうやって繋がっていくかや単一品目ならではの農園ブランディングの強みなどをお話しました。

その後、田島蓮園の実際の取り組み事例もご紹介。蓮根を販売するだけでなく、蓮根の加工品販売や蓮の花や葉っぱの販売、お客様を呼んで体験イベントなども開催しているので、どうやってそれらを進めていったかをさまざまな実体験を交えてお伝えしました!

最後に、実際に露地単一品目で農業を始めるにあたって必要なことや考え方などをお話し、生徒さんからの質疑応答で講義は終了しました。

初のオンライン農業経営講義を終えて……

オンラインという顔の見えない中で初めての講義でしたが、いろいろなご質問をいただいたり、講義後に生徒さんから連絡をいただいたりと嬉しい反応もありました。何か少しでも、生徒さんに農業経営のヒントがお伝えできていればと思います。まだまだ自分たちも試行錯誤の連続で未熟者でありますが、このような貴重な機会をいただけたことに感謝でいっぱいです。

アグリイノベーション大学校では、農業技術と農業経営を座学と農場実習を併せて学ぶことができ、実際に面白い農業経営をしている先輩農業者と繋がって視野を広げることができます。農業を本格的に始めたいと思っている方や、「農」的な豊かな生き方をしていきたい方などが集まる面白い学校なので、もしよかったらチェックしてみてくださいね。アグリイノベーション大学校の詳細はこちらから

関連記事

  1. 鍬掘り品種へのこだわり
  2. 「小判天はなれ 一灯」長田料理長
  3. ほうろく屋杉崎さんと田島蓮園
  4. 蓮の花
  5. 蓮根掘り体験
  6. 早尾紅蓮

田島蓮園オンラインショップ

田島蓮園オンラインショップ

最新情報はfacebookをご覧ください。

PAGE TOP