田島蓮園について

田島蓮園のご紹介

愛知県愛西市(旧立田村)にて蓮根を生産している田島蓮園です。私たちは、蓮根本来の美味しさをお届けしたいという思いから、農薬・化学肥料は使わず土づくりにこだわって蓮根を栽培し、お客様のもとへ田んぼ直送しています。蓮根のほかにも、蓮の花や蓮の実など蓮を生かした商品もお届けしております。蓮根掘り体験イベントやお料理教室とのコラボ等、様々な取り組みを通じて「蓮」の魅力をお伝えしていきます。

経営理念

田島蓮園について

『農業を通じて、人・自然・地域を繋げる。』

「農業」という産業が持つ、固有の役割とは何でしょうか?私は、単に食糧生産を担うだけなく、多様な分野の人が力を合わせ、自然の持つ付加価値を追求し、地域へ訪れるキッカケを作ることが、農業の持つ固有の役割だと考えています。そのような視点で農業を捉えると、加工・観光・環境・共育など、様々な分野と連携が可能な、無限の可能性を秘めた産業を創造することができます。田島蓮園は、農業の持つ可能性を追求し続けていきます。
株式会社田島蓮園 代表取締役 田島寛也

田島蓮園の大切にしていること・ビジョン

先代の想い

「田んぼ直送」・「鍬掘り蓮根」の原点

蓮根は根菜ですが、実は「鮮度」が美味しさを左右します。なかなか一般には掘りたての蓮根はお客様のもとに出回りせん。そこで私(現園主)の父が始めたのが、「田んぼ直送」という直販でした。まだパソコンも普及し始めたばかりの頃から、ホームページを自作。達筆だったため箱のデザイン・パンフレットも自筆のデザインで作成していました。こちらの写真も、父が自分でデザインした昔使っていたロゴです。多くのお客様と直接繋がり、当時はまだ珍しい直販に取り組んでいました。しかしながら私が14歳のときに他界。その後は祖父と母が蓮根の仕事を引き継ぎ、田んぼを残してくれました。蓮根は自家採種が基本であり、種を毎年守り継ぐ必要があります。今も鍬掘りのもっちりと甘い蓮根をお客様にお届けすることができるのは、毎年田んぼを守り継いできた歴史あってこそです。蓮根をお客様に直接「田んぼ直送」するという方針は現園主が祖父から事業承継した後に再開し、多くのお客様に支えられながら続けています。今、お客様にお届けしている贈答用蓮根の箱には、父の自筆のデザインを一部取り入れています。先代の残してくれた宝物をこれからも大切に継承していくことで、多くのお客様に喜びをお届けしていきたいと思います。

蓮の葉

地域の生態系を守りたい

私(現園主)は自分の将来をハッキリと決めることが出来ず、大学卒業後は就職をする予定でいました。でも、父が遺してくれた「迷ったら人の選ばない方を選びなさい。その方が絶対に面白い人生になるから。」という言葉に導かれるように、自分しか選べない家業を継ぐという選択をしました。実際のところ、私は小さい頃から農業をやりたいと考えたことはありません。どちらかと言うと、田んぼの畦にいる昆虫を追いかけて観察していることの方が楽しく、将来は昆虫の研修者になりたいと思っていました。しかし、蓮根という作目を栽培していると、地域で蓮根を生産していることで守られている自然の生態系を、間近に見ることが出来ました。蓮根は基本的に除草剤は不使用、農薬も稲作より抑えることができます。小さい頃に遊んでいた生き物たちは、蓮根があったからこそ生きていられたのです。それを知ってから、より自然への負荷が少なくなるよう、農薬と化学肥料を使わない蓮根栽培に切り替えました。これからも地域の生態系を守ることで、お客様の健康も一緒に守れるように農業を続けていきたいと思います。

真面目で、愛される日本の蓮ブランドを目指して

農業には、無限の価値が秘められています。私たちは、単に農産物を生産する「農家」ではなく、蓮を軸にした文化を発信する「企業」を目指します。そして、農業の持つ価値を最大化する手段として、生産、加工、観光、環境、人材などの事業に取り組んで行きます。一人ひとりが農業を通じて、思い描くビジョンを実現させていくことで、人・自然・地域を繋げていきたいと思います。

スタッフ紹介

田島寛也

田島 寛也 

田島蓮園の代表取締役。1994年3月3日生まれ、戌年の魚座。趣味は坐禅、特技は殺陣、大学時代はお城で忍者のアルバイトをしていた。昭和20年頃から、愛知県の立田村(現在の愛西市小茂井町)で蓮根を栽培する、田島家の4代目として生まれる。幼い頃は両親が農業をしていたため、田んぼの畦で放置されて過ごす。その時の遊び相手は、田んぼの周りにいた昆虫たち。将来の夢は昆虫の研究者になることだったが、14歳の時に父親が病気で他界。以降、実家を承継した時のために経営学を学ぶ。大学卒業後は就職するか悩んでいたが、家族のことが放っておけず就農。2018年6月6日に株式会社田島蓮園を設立し、代表取締役となる。

 

田島 沙紀

静岡生まれ、横浜育ち。東京の有機食材販売会社にて働いた後、2018年7月に結婚を機に愛西市に移住し蓮根農家見習いとして修業中です。販売やSNSでの発信、イベントの運営などいろいろなことを担当しております。
​​>>農業女子プロジェクトの記事にてご紹介いただきました。

 

会社概要

会社概要
PAGE TOP