BLOG

津島秋祭りのお弁当

秋祭りにも田島蓮園の蓮根が登場!~食の歴史を紐解く~

季節はすっかり秋色に染まり、過ごしやすい日が増えてきましたね。週末は外に出かけると、どこかからお祭りの音色が響き、何だか聞いているだけで楽し気な気分になってきます。

さて、田島蓮園のある愛西市の隣町、津島市で10月6日(日)に秋祭りが開催されました。その陰で、実はヒッソリと弊社の食材が秋祭りをサポートしていました!

秋祭りを運営するスタッフの皆さんが食べる、『秋天衣(あきてんね)』というお弁当の食材に、蓮の実と蓮根を使って頂きました!

蓮の実は「蓮の実と栗のおこわ」に、蓮根は「蓮根と2種の味噌のはさみ揚げ」に料理され、お祭りの運営を終えた方々の胃袋を満たしていました。

他にも、津島市で江戸時代から続く、歴史ある糀屋さんの甘酒を使った「あまざけ入り卵焼き」や、郷土料理ののモロコ寿司も大人気でした!

左下:蓮の実と栗のおこわ 中央下(手前):蓮根と2種の味噌のはさみ揚げ 中央下(奥):あまざけ入り卵焼き 右下:モロコ寿司

今でこそ、あまり食べられなくなった蓮の実ですが、こうして地域の活動に溶け込み、実際に食べられてこそ食文化は継承されていくのだと思います。

そして、歴史ある食材には必ずストーリーがあり、ストーリーは食の質を向上させてくれます。皆さんも、食欲の秋に郷土の食文化をお楽しみください!

関連記事

  1. 蓮のお料理教室
  2. あいち食べる通信
  3. 蓮の花のフラワーアレンジ
  4. 津島天王祭のお弁当
  5. 蓮の花の収穫風景
  6. 蓮の花

田島蓮園オンラインショップ

田島蓮園オンラインショップ

最新情報はfacebookをご覧ください。

PAGE TOP